Loading

キャ●ク夕一ケーキについて

キャ●ク夕一ケーキについてお客様から大変多くのお問い合わせが来ておりますのでお話したいと思います。尚この記事は2017年4月12日に更新しております。

 

  • ネット予約廃止について

2018年1月よりネット予約を廃止致しました。初めは2017年のネット予約の一時停止でしたが、その後お客様からの多くの暖かいお声を頂き再開しました。中には「ネット予約の閉鎖は、もしかして私がご迷惑をおかけしたのでしょうか?」とのお声も多数頂き、逆にご心配をおかけしてしまった事も。

2017年のネット予約再開後は「ポジティブ」に行こう!と頑張っていましたが、以前よりも更に酷い「コト」が多くなり、自分だけじゃなく大女将までも心が壊れだしてしまい、これはもうダメだと決心して全ての関連情報を削除・廃止しました。

 

  • 「過去の記事」の削除

キャ●ク夕一ケーキに関しまして、過去何度か記事を書いてきましたが全ての関連記事を削除いたしました。各記事に対しまして多くの暖かいコメントを頂いておりましたが、記事とコメントは一体になっておりまして、記事の消去と共に無くなってしまいました。本当に申し訳ございません。お気持ちは自分の心の中にずっと残しておきます。

過去記事削除の根拠ですが、キャ●ク夕一ケーキに関する内容を書いている以上検索等に引っかかります。もちろん対応策はあるのですが完璧ではありません。どうしたらいいのか?答えは「ゼロ」にする事(近づける?事)。当方のサーバーから「キャ●ク夕一ケーキ」にというキーワード&関する記事等を削除する事でした。ちなみにこの記事ではキャ●ク夕一ケーキと書いてありますが、●だけじゃなく他にもシークレット的なテキスト形式にしてありますし、NOINDEX this page/post NOFOLLOW this page/post 設定にしてあります。

 

  • 「コト」とは?

過去何度も言っていますが、著作権や版権で何か言われたとかでは一切ありません。また製造が追いつかないから等でもありません。もう「コト」が起きるのが嫌のです。ベルジュールのキャ●ク夕一ケーキをご理解頂けている方には本当に感謝致しております。先日もケーキをお見せしたらハンカチで涙をぬぐいながら喜んで頂いたお客さまもいらっしゃいました。

もう15年以上作ってきました。多分どのお店よりも先にやっていたと思います。そしてここ数年は年間製造数が1,500台を超えていました。そして出来る限りお客様のご希望にお応えして作ってきましたし、多くのお客様に喜んで頂けたと思っております。

ですが、パソコンからスマホ全盛になってきた頃から何かが変わってきました。

ほんの少しだけ表情が違うだけで作り直せと物凄い勢いで怒る方。色合いがオリジナルとほんの少しでも違うだけで許せないと怒る方。出来ませんとご説明させて頂いてもご納得頂けず、最後には怒鳴り散らかす方。「できないんだったら、出来るお店紹介して!」と平気で言われる方。大声で「こんな店やめて違う店行こ~!」と言いながら出ていかれる方。他店のケーキを見せて「コレと全く同じもの作って」を言われる方。お見せした時は喜んでくれたのに翌日になって「子供に見せたら喜んでくれなかった!こんなケーキは酷すぎる!」とクレームを言ってくる方。メール添付の画像の絵を描いてケーキの確認してお渡ししたのに、翌日になってから【全く違う画像】と【作ったケーキ写真】を送信してきて「なんであんな絵にしたんですか!子供が怒った!どうしてくれるの!この絵が良かったのに!」ともうわけのわからない方。全国発送は致しておりませんと書いてあるのに、発送すると書いてあったと言い、最後は大声で「あんな嘘つくんじゃねー!わざわざ江南まで来たのに!」と怒った方。明日の予約は受け付けできませんとご説明させて頂いたのに、口コミサイトに文句書いてやる等仰る方。・・・・他にも「思い出したくもないコト」もあった。

いつからこんな世の中になってしまったのか?正直2017年の夏に「思い出したくもないコト」があった頃は、もう心が限界寸前状態でした。

ケーキです。出来ないモノは出来ないのです。ケーキなので物理的に不可能なモノもあれば、ご希望金額内ではできない事もあります。また完璧をお求めになられてもお菓子では再現できない事もあります。なのにご説明しても「どうしてできないのか?」と一方的に言われてしまいます。本当に辛いです。

当方が100%悪かった事もあります。予約確認不足や勘違いからお客様にご迷惑をお掛けした事多々ありました。そしてその度に対処し、二度と不手際が無いようにハード面もソフト面もできる事感じた事話しあい、家族経営の小さなお店なりに頑張ってきました。

 

  • ホームページ作品集・店内作品集の廃止

ホームページにて更新していた作品集。何千個ものケーキが載っていたと思います。またこの作品集の更新を楽しみにしていたお客様も多かったと思います。

しかし、作品集内に自分のケーキがないだけで「どうしてウチのケーキが載っていないんだ。説明しろ」と怒り口調でメールしてくる方。予約時に作品集内に希望のケーキがないからと言って文句をおっしゃる方もいます。この店にはパンフレットすらないのか!と本気で怒る方もいましたし、来店早々ショーケースに〇●〇●のキャ●ク夕一ケーキがなんで並んでいないんだ!と文句を言う方も。

作ったケーキ全て100%写真を撮っている訳ではありません。一日に同じ種類のケーキを何台も作ったり、流行りがあると同じケーキばかり何日も続く場合だと一枚しか撮らない事もあります。また忙しくて撮る時間すらない時だってあります。そもそも作品集はお客様のケーキを載せているだけで、パンフレットやメニューではありません。この事も何度も何度もホームページ内及びブログに書いてきましたが、何も解決しないのでネットも店内作品集も全て削除いたしました。

 

  • クリスマス時期の葛藤

毎年12月10日から27日までは予約・製造を一切受け付けておりませんでした。ってかクリスマス時期に作っているお店なんて殆どありません。しかしネット検索でベルジュールが出てくる以上問合せが殺到します。本当に本当に全国から電話がかかってきます。メールもとんでもなく入ります。12月24日の夕方のお店が超超込み合っている時間帯にも電話で「今ホームページ見てるんですが予約が~」等の問い合わせが来ます。ホームページに「クリスマス時期はお問い合わせ自体もお受けできません」とデカデカと赤字で書いてあるのにもかかわらずです。でもお客様にとって誕生日は誕生日です。お気持ちはわかります。もしかしたら?という期待を込めてお問い合わせしてくれているんだと思います。でもできないものはできないのです。

 

  • ネットの世界から抜け出す

ネット予約及び作品集に店頭の垂れ幕等、削除した記事にも書いてきましたが全て廃止以降、覚悟の上でしたが案の定今年は予約・製造数が激減しております。多分もうやめてしまったのだろうと思われた方も多かったのだとおもいます。

結局行きついたのが、ネットに情報を一切載せない事でした。

実はあまりにも「コト」が起こった時に心がおかしくなり、しばらく通院していました。先生からも「ネットから離れたら」と助言を頂きました。またウチの大女将までもおかしくなりだし、何が良いのか考えた末にネット予約だけじゃなく一切の情報を載せない事にしました。ですので店頭にも以前のような情報はありません。垂れ幕も撤去しました。

不思議なもんですね。今年に入ってからは「コト」が全くなくなりました。その分上記にあるように予約数&製造数は超減りましたが。

正直「こんなコト」言われてまで作るなら、ネット予約だけじゃなくもう全部やめてやろうと思ってましたが、ベルジュールを愛してくれているお客様まで裏切れませんから。


 

  • 予約はできるの?

今年からは来店予約のみ受付しております。尚、電話予約はお受けしておりません。

お渡し日の1週間前までに来店予約下さい。尚予約状況によっては1週間前でもお断りする場合があります。

この1週間前ってのも「1週間前に作ってるのか?」「1週間前ってどういう意味?」「冷凍か?」等々ご意見を頂きますが、ウチは専門店じゃありません。他のケーキ作りもあります。段取りを決めないといけません。作り置きなんてしていません!食べて頂ければその日に作ったかどうかわかってもらえます。どこかのネットショップみたいに作って冷凍して発送日(お渡し日)まで保存なんて絶対にしません!

ご予約の時はご希望のキャ●ク夕一(本や写真等)をお持ちください。他店で作られたキャ●ク夕一ケーキ写真は絶対にやめてください。ご予約をお断りします。その様なケーキはそのお店で注文してください。スマホ画像をお見せ下さる場合は、スタッフが画像確認したのち送信方法をお教えします。

ご理解頂けないかもしれませんが、実はもう3年近く考えた結果です。お手数をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

ネットの利便性や凄さは、商売している側もお客様側にも有難いものです。でも依存しすぎて何かを見失っている自分が居たのも事実。

良い意味で昔に戻します。ネットではなく、もっと目の前の現実を見て・・・・・。

定休日カレンダー

最近の記事

  1. 丸ごとメロン ベルジュール
  2. 抹茶米粉ロールケーキ
PAGE TOP